『我が道を逝け!』では色々な事をしています(笑)

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の掃除

日中、ジャンガリアンのいたケージの最後の掃除をした。

餌の残りを確認すると、月曜の夜はほとんど食べていないようだ。
おそらくペレット、七穀、とうふ大と小、乾燥バナナ、乾燥ニンジンを各1個づつとドライフルーツ(パイナップル)を一切れ。

夜にドライフルーツをあげたときは喜んで食べていたんだけどなぁ・・・

うんちの量も調べると、日曜の昼に掃除してから火曜日の朝まで2日間に満たない時間にしては若干多いくらいの量だった。

土曜日にはダンボール製の巣箱をガジガジ。
2017022601.jpg

2週間位前からかじり始めたのだが、最後はこんなに大きな穴を開けていた。
2017022602.jpg


火曜の明け方もカサカサ動いていたし、夜中に何度か覗き込んだ時も対角線上にある2つの巣箱を移動して交互に寝ていたし、たまたまライトをつけていた時に目が合ってこちらに向かってきたりもしていたから本当に突然だったようだ。
・・・とは言っても朝の段階で小屋から出てくる時もほとんど力が入らなくて、それで敷材だけがかき回されるカサカサ音がしていたのかも。


毛並みも悪くないしどこもケガをしているようには見えない。
本当にとてもきれいな状態で最期を迎えた。

埋葬してから少しだけ雨が降ったり天気が悪くなったりもしたけど、日中の日が当たっているときはすごく暖かい日が続いている。
これから春が近づきどんどん暖かくもなってくる。


もう飼い主に無理やり起こされたりすることはないから、ゆっくりおやすみ。
2017022603.jpg
2017年2月14日AM7:50撮影
スポンサーサイト

多分気のせい

昨日の朝、ジャンガリアンのちびちの埋葬を済ませた。
これでウサギ 1羽、ジャンガリアン 4匹、ゴールデン 2匹が我が家の庭に埋まった事になる。

幸いにも天気は良くて前日と違い風もなく暖かい朝だった。
出来ることならもう少し一緒にいたかったけど今日の午前中では雨が降る予報だったし、季節が冬とはいえ常温の部屋に置いていたら身体の腐食は進んでしまう。
いくら可愛くてお別れしたくなくてもそれは可哀そうだ。

でもせめてもの救いは眠りにつく瞬間に立ち会えた事か。
手のひらの上で落ち着きなく動く、だけど力は入らなくて満足に移動できない。
次第に動くこともままならず横たわってしまった。
頭や身体を撫でるが嫌がっている。
ここ数日は以前にも増して触られるのが嫌な素振りを見せていた。ケージの中に指を入れると人差し指にしがみついてガジガジ噛んでくるが力が入らないのが手に取るように分かる。

そして横たわったままゆっくりと呼吸をする。
5分も経たないうちだろうか、止まらない涙を拭いているうちにフリース越しの手のひらの上で眠りについた。



永い眠りについた日もそうだったんだけど、ケージの中の巣材がカサカサ鳴る音が聞こえた気がする。
他にも毛づくろいする時のパタパタ音も数回聞こえたような・・・

眠りについた21日の夜はいつもケージを置いているカラーボックスの上ではなくて枕元にケージを置いて最後の晩を過ごした。
その際も足元のゴールデンのケージじゃなく顔のすぐ横に置いたちびちのケージから音が何回か聞こえる。
慌てて確認するとやはりちびちはフリースにくるまったまま眠りについていた。
そうだ、もう目を覚ますことは無いはずなんだ・・・

巣材の音はもしかしたら寝るのに押しつぶされた巣材が膨らむ時の音かもしれないし、ゴールデンのケージから鳴った音を勘違いしたのかもしれない。
しかし、毛づくろいのパタパタ音は動作が遅いゴールデンには出せない音だ。


まだそこに居るのかい?

いつまでもケージをそのままにしておく訳にはいかないから日曜日には片づけさせてもらうよ。
でも、もしまだそこに居るならもう少しだけ一緒に居よう。

おやすみ

今朝、8時15分頃ジャンガリアンが永い眠りについた。
昨夜も元気がなくあまり動かないが食欲はそこそこ有って乾燥キャベツ以外は大体食べていた・・・というより頬袋に入れていたというのが正しいかもしれない。

頬袋の中には若干の食べ残しがあるようだが、ペレットや豆腐、トウモロコシ類は餌入れから無くなっていた。
会社から帰宅後に餌入れの周りを見てみたら昨夜の運動中にあちこちへ散らばしていたようだ。
逆を言えばそれだけ動いていたことになる。

明け方に何度かカサカサ音がしていて覗き込んだらこちらを覗き返したりもしていたのに・・・
朝はふやかした豆腐とペレットをほんの少しだけ食べて家の中に帰ってしまった。
若干のカサカサ音がするも不安になり覗き込む。
家から出ようとするが力が入らないようだ。

慌ててケージを開けて掌に載せてみるが体温が極度に低い。
いよいよその時が来たのかと覚悟を決める。

手の中で若干暴れるが無理をさせないように注意をしながら写真を撮る。
せめてまだ生きているうちの思い出を取っておきたかったからだ。

自分の手は冷たくてかわいそうだから掌の上にフリースを敷いてから乗せる。
先ほどと違って時々姿勢を変えるくらいで呼吸も乱れている。
頭や身体を撫でていると嫌がる。
触られるのは嫌なのかもしれないが、せめて最後の瞬間位は飼い主の愛情を最大限に注がせてほしかった。
いよいよだ、目が虚ろになって呼吸がさらに浅くなる。
多分身体の力が入らなくなったのだろう、おしっこが漏れてきた。
涙が止まらない、左手で支えながら涙を拭いているとその時が来てしまった。

呼吸による体の動きがない、全身から精気が抜けていくのが分かる。

2014年7月5日に我が家に来た二代目ちびち(時々かつ子)、確か生後1~2か月位だったはず。
ジャンガリアンとしては結構大きかったように思う。店ではおとなしく掌に乗ってくれたのに気まぐれの暴れん坊で中々なついてくれなかった。
同年11月に2年9か月生きたゴールデンの初代へむちが永い眠りにつき、同月末娘がゴールデンを飼い始めるもののその後しばらく自分はちびちのみ。
1匹だけに愛情を注ぐとそれが分かるのか、どんどん懐いてくる。

16年7月に左耳の下に膿瘍ができる。病院に連れていくがすでに2歳という高齢なのと体の小ささから手術はできず抗生物質での治療を開始。
幸いにも薬が効いて1か月後にはすっかり元気になっていた。
同年9月には回し車を勢いよく回せるくらいまで回復し、回す⇒急停止⇒遠心力で1回転という遊びが再開できるようにまでなる。
10月頃からつい先日までの元気とは裏腹に次第に元気がなくなってくる。
12月には娘が飼っていたジャンガリアンと同じように背中は丸まり、しっぽは腹側に曲がったまま、後ろ足が伸びきった状態になってしまう。
それでも外に出してやれば元気に走り回ることはできた。
17年1月プラスチック製の小屋の入り口に引っかかったのか引きずる左後ろ足の甲に傷が出来てかさぶたになっている。
入り口を広げてやってからは徐々に回復。2年7か月のご老体でも傷口は治った。
2月になるとますます動きが弱々しくなってきて毛並みも悪くなってきた。
一時期よりは体毛は増えたようだが腹側は密度が薄く、両耳の後ろも地肌が見えている。

そして変化が訪れる18日。
前日は結構元気だったがいよいよ腰に力が入らないようで下半身が横を向いたまま引きずるように歩いている。
それでも元気に厚紙製の巣箱をがじがじ噛んで穴を広げたり、自分で開けた穴から出入りしたりして遊んでいた。
19日日中にケージの掃除をしたが、やはり元気がない。
掃除中に別の容器に入れていた時はいつも通りかさかさ掘り掘りして元気だったのに、掌に乗せると嫌がって暴れるものの力が弱々しくて「いよいよなのか」と感じた。
畳の上を歩かせようとしても下半身が横を向いたままになってまともに歩けない。
余計なケガをさせるわけにもいかないから止む無くケージへ戻す。
20日、やはり元気がない。朝飯きちんと食べたが夜はあまり食欲が無いようだ。自分の好物だけ先に食べてケージの中をゆっくりだが歩き回る。
夜中にも何度か起きて様子を見たが時折動いて2つの巣箱を行ったり来たりしている。


そして今日。
我が家にきて2年7か月。おろらく2歳8か月~9か月。
ジャンガリアンとしては長寿だと思う。
毛並みは薄くてあまりよくないが下痢もしていないし夏のように明らかに発病しているようにも見えない。
2月上旬に白内障になっているのは気づいたくらいだ。
ただし相変わらず右目は目やにが多い。
今日も右目は終始開けられなかった。

高齢でやせ細り、すっかり小さくなってしまったちびち。
夏頃は手や鼻を近づけるとペロペロと舐めたりしてくれたのに、最近は全然してくれないし身体を触ると嫌がって触ったところを毛づくろいするようにもなっていた。

それでもケージをのぞき込めばこちらに寄って来るし、外に出しても自分の周りを中心に歩いていたりするのを見ると懐いてくれている方なのかと思う。
視力が落ちてきたから広い空間よりも物に沿って歩こうとしている部分を考慮したとしても親バカなのかそう思わずにはいられない。


明後日は雨が降るらしい。
埋めてあげるのは明日しかないだろう。

明日が本当のお別れの日だ。

いままで楽しい時間、幸せなひと時をありがとう。

2017年2月11日撮影
20170211.jpg

2017年2月18日撮影
20170218.jpg

2017年2月21日撮影
20170221 01

ハムスター近況2(ジャンガリアン)1

年末の29日夜あたりからジャンガリアンの様子がおかしい。
まっすぐ歩けず、よろよろしている。
いよいよ間近なのかと覚悟を決めるが、以前より少ないながらもエサはよく食べるし外に出してやればすばしっこく走り回る。

31日、ほとんど動かない。
餌の量も少し少なくなった。

年が明けて1月1日、同じところをぐるぐる回りながら動く。
耳がおかしいのか?平衡感覚がないような動きだ。
しかしもう砂箱の上に登るだけの力は無いみたい。

2日夜、外出から帰ってきたら起きてはいたがあまり元気がない。
いよいよかと覚悟を決める。
12月中旬位から回し車をほとんど回せなくなっていて下旬には乗ることすら出来なくなっていた。
かわりに今日は巣箱や砂箱とケージの隙間に入ってカサカサと掘り掘りしている。

3日以前より約束していた用事があったので止む無く出かける。
朝の段階では同じところをぐるぐる回りながら結構元気に動き回っている。
夜帰宅時、ぐったりしていたが完全に目が覚めた状態になるととにかく元気だ。
外に出してやると、まっすぐ歩けないのがもどかしいようだがそれなりに速く走り回る。

4日朝、昨夜同様結構元気だ。
食も細いがとうふは好きみたいで、それだけはたくさん食べている。
夜は全く動かなくなった。
慌てて声をかけて撫でるがひっくり返って手足をかすかに動かすだけだ。
しばらく様子を見ていると下半身の動きがおかしいが動くようになった。
餌も食べ始めている。
背骨を境に上半身と下半身が別の方を向いたまま歩こうとしている時がある。
下半身にほとんど力が入らないみたいだ。
ただしお尻を見てみると下痢やおもらしはしていないようなので半身麻痺というわけではなさそう。
体温調節ができないのか、昨夜遅くには巣箱に入ったが、ここ数日間はずっと外で寝ている。

最初に覚悟を決めてから半年、現在2歳半になるし、以前飼っていたハムスター達の老衰で亡くなった時の様子を思い出してみると多分あと10日位がヤマかもしれない。

2016年総括

なんだかんだと色々あった一年。

〇バイク購入
YBR125

2000年2月に単独事故を起こして右鎖骨が粉々に。
手術で完治はしたものの後遺症でバイクのアクセルを開け続けるのが困難になり、レストアしようとして分解していたXLR250Rも盗まれてしまいそのままバイクを卒業。
数年前から左右の目が白内障、左目はさらに緑内障に。
完全に失明するまでにはいかないが車の運転はおろか日常生活まで支障が数年~十数年で起きるのは確実なので「乗れるうちに」とバイクを購入。
250ccのオフロード系を探していたがたまたま入ったレッドバロンで気に入り、維持費や保険料も安いので半分妥協もしてこれに決めた。(ネイキッドならホンダのCB400SuperFourが好きだが400ccでは車検が有るのと保険を契約しなければいけないので予算オーバー。)

〇プレイステーション4購入
アイドルマスタープラチナスターズをやるためだけに購入w
今年もアイマスにどっぷりつかったままだった。

〇ハムスター
太郎
5月17日にキンクマのオスを購入、太郎と命名するもいつもどおり「へむち」の呼び名に。
(ハムスター⇒ハムちゃん⇒へむちゃん⇒へむち・・・の順に変化)

2016072402.jpg
7月上旬に2年間飼い続けたジャンガリアンの左耳下に膿瘍が発生。動物病院へ連れて行くも身体の小ささや年齢から抗生物質での治療を勧められる。
普通は薬を嫌がるそうだが何故か薬を喜んで舐めていたw
治療の甲斐もあって8月中旬にはすっかり完治。9月頃には春頃同様に回し車を勢いよく回していた。
ぺろぺろちびち
その後だんだんやせ細っていき、食も細くなりすっかり毛並みも悪くなったり腰が曲がったままになって歩きづらそうだが現段階で年齢(2歳6か月)を考慮すれば十分元気だ。
ここ数日はこの場所でケージをガリガリぺろぺろするのがお気に入りらしい。
2歳になった頃から「いつ死んでもおかしくない」と覚悟は決めているるつもりだが、毎日会社から帰ってケージを除くたびに心臓が止まりそうになる。
現在病気は発症していないと思われるが、痛い思いをして無理をしない範囲内でいつまでも長生きしてほしい。

〇アイドルマスター
PS4も買った、コミックスはゲッサンのミリオンライブとREXの公式両方を購入。
ミリオンはいつも通常版だが、REXの最終6巻は4巻と同じく限定版で。
アニマス補完がメインだが、さすが公式だけあって細部の心情描写が素晴らしい。
来春に続編(?)が連載開始予定なのでそちらも楽しみ。

〇アリオン
今年はトランクにリアウィングを装着した位しか変化なし。
あとは黄ばんできたヘッドライトをクリスタルプロセスの製品で修復。すっかりきれいになった。
ついでに鳥のふんでクリア層がだめになってしまったボンネットの修復。#2000のペーパー掛けからポリッシャーでの研磨。
最後にボンネットのみフッ素樹脂コーティングを実施。

今度の5月に車検が有るのでその際は今後も長く乗り続けられるようにあちこち整備をするつもり。

〇体調
左目の緑内障の進行が思ったよりも早い。やはり薬は使わないと駄目なようだ。
6月中旬にぎっくり腰をやってしまい、未だに完治せず腰痛が酷い。
秋になって涼しくなったら大洗へ聖地巡礼にでも行こうと思っていたのに、長距離の移動は車・電車ともに耐えられず年末になってしまった。
春ごろになったらもう一度考えよう。
12月中旬には肛門に肛門周囲膿瘍か血栓性外痔核っぽい症状に。
とにかく痛い。オロナインを使って10日位でほぼ治る。
12月3日にバイクでジョイフル本田へ行く。やはり色々なケガの後遺症でバイクの運転はキツイ。
帰宅するころには左手首がすごく痛くなっていた。ストレッチをしていたら「ポキッ」という音とともに激痛がw
市販のサポーターを購入して補助をしているが現段階で完治せず。
仕事で重いものを持つことが多いので良くなってきてもすぐに悪化する・・・

〇マクロス
新作のマクロスデルタは世間の不評、批判に反してすごく楽しめた。
むしろ批判する連中はマクロスのテーマや表現方法を理解していないのだろう。
「一見さんお断り」は新規層の取り込みが出来ないので良くはないが、そこまで容赦ない表現ではないし登場人物たちのセリフをよく理解していれば十分辻褄があう。やはりここ数年「見る側」の理解力低下が進行しているのかもしれない。
そして久しぶりにバンダイ1/72 VF-31Jのプラモデルを購入。
バンダイ製だから目が悪くても作れるだろうと思ったが結構つらかった。
ただ組み立てるだけなら問題ないが、モデラーとしてはきちんと表面処理をして塗装をしたくなる。
ところが目の焦点が合わず表面がはっきりと見えない。
結果的に塗装途中で止まってしまい、ハムスターがいるから以前のように室内で塗装もできないから暖かくなって外で塗装ができるようになるまでは放置状態だろう。

〇初コミケ
明日はコミケ3日目に初参加。
とくに目当ての薄い本があるわけではないが、雰囲気を楽しむという事でw
自他共に認めるオタクな割には一度も言ったことがないというのもどうか・・・というのもある。

 | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

Kiku-G

Author:Kiku-G
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)
日記 (36)
クルマ関係 (17)
ラパン関係 (2)
ラジコン関係 (11)
漫画・アニメ関係 (10)
一言 (6)
旅の思い出 (1)
模型:VF-25 (6)
模型関連 (6)
覚書 (3)
ハムスター (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。